経営理念・経営目標

おはようございます。EVEです。

今日は、経営理念と経営目標について書こうと思います。

経営理念とは、企業の経営活動について、経営者が一般的に表した基本的な考え方(企業を導くための、考え方や指導原理)を示すものです。企業が存在する理由、企業の行動活動方法、及び方向づけを与える考え方です。つまり、経営者、従業員が組織人として活動する際の拠り所となるものです。

経営理念にはいくつかのタイプがあります。

  • 「行動規範タイプ」    (例)チームワークを大切にし、誠実に仕事をする
  • 「存在意義タイプ」    (例)商売を通じ、社会に貢献する
  • 「組織価値タイプ」    (例)もっと楽しく、もっと面白く    など

もっとたくさんタイプはあると思いますが、主要なタイプを挙げました。いかがでしょうか?皆様が所属されている会社の経営理念はどのタイプですか??経営理念は企業の存在価値や企業が大切にしていることを表しているので、経営理念を意識し、働くことは非常に大切になります。

次に、経営目標です。

経営目標は、経営理念を具体的に表したものであり、組織構成員の活動範囲や方向性、あるいは経営活動を行うことで到達したいゴールを示すものです。

経営理念と経営目標は似ているようで違います。経営理念は、一般に抽象的な表現をとります。そして、その経営理念を具体化したものが経営目標になります。

では、具体例を挙げます。

経営理念・・・社会にとって貢献できる企業になる

経営目標・・・最高水準の「技術力」「品質」「安全性」を世の中に提供し、必要とされる企業になる

上のようにほとんどの企業が抽象的理念から具体的目標を掲げ、企業活動をしているのではないでしょうか。

今日は経営理念と経営目標について書きました。この2つは企業にとって非常に大事なものです。なぜなら経営理念と経営目標をしっかり定めておかないと、企業の方向性を見失う可能性があるからです。また、その企業で働く従業員も自分たちの会社が何を目標にしているのか、将来どのように進んでいくのかを把握しておかないと、いつか間違った行動や考え方をしてしまう可能性があります。このようにならないためにも、経営者及び従業員の拠り所となるような経営理念・経営目標を定めることが大事です。そうすることで従業員及び企業全体が同じ方向を向き、日々組織活動を行うことで企業は成長し、社会にとって必要な存在になっていけるのではないでしょうか。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です