ドメイン

おはようございます。EVEです。今日は、ドメインについて書きます。

ここで説明するドメインはインターネット関係のドメインでなく、事業領域を表すドメインになりますのでご了承ください。

ドメインとは長期的な自社の成長を考え、経営資源を効率的に投入していく市場生存領域のことを指します。また、企業は自社の経営資源に合わせ、または競争地位に応じて生存市場を限定していく必要があります。この説明だけだとわかりにくいので、具体的に述べていきます。

ドメインは主に3つの規定軸によって決められます。

  • 顧客機能・・・顧客のどのようなニーズに対応するか(What:何を)
  • 顧客層・・・ターゲットとなる顧客層は誰か(Who:誰を)
  • 独自能力・・・どんなコア・コンピタンスを用いて、どのように提供するか(How:どのように)

ドメインを決定するにはこの3つの規定軸が必要不可欠です。

ここで具体例を挙げたいと思います。ユニクロとGUを例に取り、比較してみます。まずは、ユニクロです。

(ユニクロ)

  • 顧客機能・・・品質の高い商品を提供
  • 顧客層・・・老若男女問わない、幅広い客層がターゲット
  • 独自能力・・・誰でも着やすいデザインで、高品質な衣類を比較的お手頃な価格で提供

(GU)

  • 顧客機能・・・デザイン性の高い商品を提供
  • 顧客層・・・10代後半~30代がメインターゲット
  • 独自能力・・・流行やトレンドを取り入れた衣類を安価で提供

3つの規定軸をもとに2社について比較しましたが、いかがですか??ユニクロとGUの親会社はどちらともファーストリテイリングですが、事業領域が少し違います。これは、カニバリゼーションを避けるためのドメインのすみわけと私はとらえています。

*カニバリゼーション・・・共食い

ドメインの決定はマーケティングを行う際に重要になります。私たちの企業が生存している競争市場はもの凄いスピードで拡大、縮小、及び変化します。その度に、私たちはドメインの定義を再度考え直す必要があります。なぜならば、顧客ニーズや対象顧客が変化しているにも関わらず、今までと同じ商品やサービスを提供することは企業にとって非常に危険であり、衰退する一方だからです。よって、私たちは競争市場を常に分析し、小さな変化や違和感を感じた際は、ドメイン(事業領域)を再度考え直し、市場や対象顧客の要求する商品やサービスを提供しなければなりません。そうすることで、企業の長期的生存を実現することができると私は考えます。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です