3C分析

おはようございます。EVEです。今日は3C分析について書こうと思います。

皆様は3C分析という用語を聞いたことがありますか??恥ずかしながら、私は経営の勉強をするまでは聞いたことすらなかったです。

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析を行い、自社の戦略に活かす分析をすることです。

ここでいう3Cとは、

  • Customer(市場)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

を表しています。要するに、市場、競合、自社の3つについて分析を行い、経営戦略及びマーケティングにつなげようとするのが3C分析です。

では、それぞれの分析について説明します。

Customer(市場)分析は、自社の製品やサービスを購買及び利用する意思がある潜在顧客を把握し、市場規模や成長性、ニーズなどを分析します。つまり、市場分析は自社を取り巻く環境、フィールドを把握することです。自分たちが所属する環境を把握することで、将来の方向性が見えてきます。

Competitor(競合)分析は、競争状況や競争相手について把握します。参入障壁、競合の戦略、競合の利益などを分析します。

*参入障壁・・・ある業界に新規参入しようとする会社にとって、参入を妨げる障害のこと。

競合分析を行うことで、自社の強みや弱みを把握し、競合他社に絶対に負けないコア・コンピタンスを見つけ、それを強化することで競合他社と差別化できることが自社にとって大事になってきます。

Company(自社)分析は、自社の企業活動や経営資源について把握します。つまり、自社の市場ポジション、売上高、自社イメージ、強みなどを分析します。

自社分析は非常に大事になってきます。特に「強み」を把握することが必要不可欠です。SWOT分析においても、「強み」を把握し、機会に強みをぶつけることで企業は成長すると言われています。(SWOT分析については次回詳しく記載します。)

以上の3つが3C分析の中身です。3C分析は、市場・競合・自社の3つをしっかり分析し、把握することで初めて効果を発揮します。つまり、市場分析で市場の将来性やこれからのニーズを把握します。次に、競合分析及び自社分析によって、自社の市場ポジションや強みを分析し、市場分析の結果を考慮しながら自社の経営戦略を構築していくことが3C分析を行うメリットです。また市場は常に変化していきますので、比較的短いスパンで3C分析を行うと良いと私は考えます。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です