販売管理システム

今日は販売管理システムについて書きたいと思います。

販売管理システムとは、受注・販売・入金などの商品販売における情報を管理するシステムです。

主な販売管理システムとして、POSシステムとEOSシステムを挙げることができます。

・POSシステム(Point Of Sales system:販売時点情報管理システム)

POSシステムは、レジをコンピュータに連動させて、商品データ及び販売情報を管理し、販売活動を管理するシステムです。

つまり、レジのことです。お客様に商品を販売する際、レジ商品のバーコードや値札をスキャンします。そうすることによって、「どの商品が・いつ・どの価格で・どれだけ売れたか」といった販売実績情報を把握することができます。

また、ポイントカードを発行することでさらに詳しい情報を把握し、売上の向上に努めている企業もたくさんあります。ではどのように把握しているのでしょうか?

ポイントカードの基本情報として、性別・年齢・住所などがあります。よって、商品を購入された顧客層を把握することができるのです。また、そのお客様が何を購入したか・どんな商品をよく購入しているかというのもPOSによって管理することができるため、それぞれのお客様に対して、好みに合った商品の紹介・販促を行うことができます。

(POSシステムが主に導入されている小売店)

スーパーマーケット・コンビニエンスストア・ガソリンスタンド・アパレルショップなど

・EOSシステム(Electronic Ordering System:電子受発注システム)

企業における受発注業務をコンピュータによって自動化したシステムのことを指します。EOSシステムはメーカー⇔卸売業⇔小売業のように、流通の中間において役割を発揮します。

実際の流れは下のようになります。

小売店の発注担当者が、端末機(ハンディーターミナル)を使い、発注したい商品名・数量を入力し、データを送信します。受注した側はそのデータに基づき、商品をピックアップし、小売店に発送します。

このように、商品を発注する際に電話などをする必要がないので、発注業務の簡素化・効率化を実現することができます。

今日は、POSシステムとEOSシステムについて書きました。内容は違いますが、「効率面」においてはどちらとも同じだと私は感じました。

ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です