PDCAサイクル

今日はPDCAサイクルについて書きたいと思います。

PDCAサイクルは非常に良く使われるビジネス用語になってきていますね。ほとんどの社会人の方がこのビジネス用語を聞いたことがあるのではないでしょうか。

PDCAサイクルとは、事業活動において、業務を円滑に進める手法の1つです。4段階の行動を何回も継続的に繰り返すことによって業務を改善していきます。

(PDCAサイクルの4段階)

PLAN(計画)⇒DO(実行)⇒CHECK(評価)⇒ACT(改善)

つまり、①計画を立てる②それに基づいて実行する③実行した結果をチェックする④チェックした結果を次の計画に反映させるような対処・処置をとる

これがPDCAサイクルです。

このPDCAサイクルは、ビジネスを行う上で非常に大事になってきます。私も、PDCAサイクルを常に意識して、仕事を行っています。

PDCAサイクルを意識している人と意識していない人は明らかに仕事の内容が違います。

(PDCAサイクルを意識している人の特徴)

・計画してから実行に移すため、大きなミスが少ない。

・同じようなミスは絶対にしない。

・結果をチェックするので、うまくいかなかった理由を理解している。

・同じ仕事をさせた時、前回の仕事内容より断然に良い。

(PDCAサイクルを意識していない人の特徴)

・何回も同じミスを繰り返す

・計画をしていないので、仕事の内容が薄い

・いつまでたっても、仕事内容が変わらない

・なぜうまくいかないのかを認識していない

以上のような違いが出てきます。

PDCAサイクルを意識することは、仕事の内容を充実させるだけでなく、その人の能力を向上させる役割があると私は考えています。

私は、このPDCAサイクルにもう1つ加えることを意識しています。

それは、SHARE(共有)です。

PDCAサイクルを行い、その結果(成功・失敗)を周りの人と共有するのです。共有することで、PDCAサイクルの必要性や使い方を皆で認識することができるのではないでしょうか?

自分だけでなく、周りと情報を共有することによって、1+1=2でなく、3にも4にもなると私は思います。

PDCAサイクルを意識し、仕事の精度をますます上げたいと思います。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です