製品市場戦略

おはようございます。EVEです。今日は、製品市場戦略について書きたいと思います。

この戦略はアメリカの経営学者であるイゴール・アンゾフが提唱した概念です。

製品市場戦略とは、企業の収益率を最適化するような製品・市場を選択し、企業の持つ資源を各製品・市場機会に配分することです。定義はわかりづらいですね。

詳しく説明していきます。アンゾフは、企業の成長を「製品」と「市場」という2つの次元で捉えています。製品市場戦略は主に4つあります。

  • 市場浸透戦略(製品:現在/市場:現在)

現在の製品、現在の市場に対して、売上増大、市場占有率の拡大を狙う戦略です。広告の強化や消費者及び市場ニーズに合わせた製品の改良・改善等により、現製品を現市場にさらに浸透させようとするのが市場浸透戦略です。

  • 市場開拓戦略(製品:現在/市場:新規)

現在の製品で新市場の開拓を図り、売上増加を狙う戦略です。例えば、国内市場から海外市場への展開、女性をターゲットにした商品(化粧品・下着)で新規男性市場の開拓などがあります。つまり、現在の商品を新たな市場に導入することです。

  • 製品開発戦略(製品:新規/市場:現在)

現在の市場に対して、新製品を開発・販売することで新たな顧客や需要を獲得しようとする戦略です。よって、新商品を作り続けることが重要となってきます。

  • 多角化戦略(製品:新規/市場:新規)

新しい市場に対して新製品を導入することによって新たな需要を掘り起こす戦略です。この多角化戦略が特に重要視されます。本来の事業はそのまま継続して行い、並行して新たな事業分野を追加することで収益アップを図れます。また、リスクヘッジにもなるので多角化が注目されます。

では、その多角化戦略の狙いとは何でしょうか??

1つ目は範囲の経済を獲得することです。範囲の経済とは、複数の製品・事業を異なる企業で生産するよりも、単一企業が複数の製品・事業を生産する方が、総コストが低いことを指します。これによって生まれる効果をアンゾフはシナジーと呼んでいます。また、このような多角化は関連多角化と言われ、富士フィルムがフィルム作成の技術を応用し、化粧品や健康食品の分野に進出したのもこれにあたります。

2つ目はリスクの分散です。まったく異質の事業を展開することによって、事業間の関連性を低めることができます。そうすることで、1つの事業がトラブルに陥った際に、もう1つの事業でカバーすることができます。これがリスクヘッジです。

多角化を狙いながら、戦略を考慮する必要がありますね。

今日は製品市場戦略について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です