製品の種類

今日は製品の種類について書きたいと思います。

市場で取引される製品は、消費財と産業財に大別されます。

消費財は、日常生活において使用される製品です。

産業財は、生産のために使われる材料や部品のことを指します。

顧客の数は、消費財の方が産業財より多いです。

購買単位は、産業財の方が消費財より大きいです。

また、消費財の購買者は一般消費者であり、産業財の購買者は専門家になります。

今回は、私たちの身の回りに近い消費財に焦点を当てたいと思います。

消費財は、主に3つに区別されます。最寄品・買回品・専門品です。

最寄品とは、消費者が最寄りのお店で頻繁に購入する比較的安価な製品です。例としては、食料品、日用品などがあります。また、消費者の購買行動は習慣的かつ衝動的です。よって、衝動的購入を誘発するために、ガムとかはレジ付近に陳列されることが多いです。

買回品とは、いくつかのお店を消費者が見て回り、価格・品質、デザイン、ブランドなどを比較してから購入する製品です。例としては、電化製品、衣類、家具などの選択を迫られるものです。消費者の購買行動は、比較購買になりますので、どこのお店よりも綺麗に陳列し、魅力的な売場を作る必要があります。

専門品とは、特定のメーカーやブランドを信頼し、それらを指定して購入する製品です。例としては、自動車、宝石、時計、高級衣類などの高価品を挙げることができます。消費者の購買行動は計画購買になりますので、消費者と良い関係を築くことが重要になってきます。

以上の3つが消費財の種類になります。消費者の購買行動の種類は最寄品、買回品、専門品によってそれぞれ異なります。よって、消費財の種類に応じて、陳列方法や消費者へのアプローチの仕方を変えることが必要になってきます。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です