製品ライフサイクル

 

今日は、製品ライフサイクルについて書きたいと思います。

製品ライフサイクルという言葉はご存じですか?製品ライフサイクルとは、生物に寿命があるのと同じように、製品にも市場に導入されてからなくなるまでの周期・寿命があるというものです。

製品ライフサイクルには4つのステージがあります。1つ目は導入期、2つ目は成長期、3つ目は成熟期、4つ目は衰退期です。

まずは、導入期です。この時期は新しい製品が初めて市場に導入される時期です。つまり、未知の商品を顧客に知ってもらうこと、興味を持って頂くことが導入期の目的になります。生産量及び売上高も少ないのにも関わらず、新商品のPRをする必要があるので広告宣伝費がかかり、赤字になるのもこの時期の特徴です。

2つ目は成長期です。導入期の時より商品の知名度が上がります。よって、需要が急激に上がり、生産量や売上高が一気に上がる時期が成長期になります。この時期は売上に拍車をかけるための宣伝費がかかります。また、顧客が何を求めているのか、商品のどこを気に入って買って頂いているのかがわかってくる時期にもなるので、商品の売り方や販促方法を考えることが必要になってきます。

3つ目は成熟期です。この時期になると成長期のような勢いはなくなり、売上高がピークに達します。また、商品に対する需要も落ち着いてくるので、需要を伸ばすための投資は不要になってきます。成熟期は成長期に比べるとコストを抑えることができるので、利益を最も生み出しやすい時期と考えられます。

最後は衰退期です。この時期になると新商品が登場したり、消費者の好みが変化し、需要が減少していきます。よってコストはかけずに、商品の動きを把握します。そして、明らかに売上が止まってしまったときは特価商品として素早く売り捌いてしまうのも方法です。

以上の4つが製品ライフサイクルです。このサイクルがすべての商品に当てはまるかと言われたらそうではないです。例えば定番商品などは衰退期を迎えないかもしれません。その商品によってサイクルは様々です。その商品の市場動向をしっかり把握し、その状況に応じた適切なプロモーションをかけることが非常に大事になってきます。

いかがでしたでしょうか?

今日は製品ライフサイクルについて書きました。最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です