PPM

おはようございます。EVEです。

今日はPPMについて書こうと思います。皆さんはPPMをご存知ですか??私は、中小企業診断士の資格勉強をしている時に、この用語を知りました。

PPMとは、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの略です。1970年代にボストン・コンサルティング・グループによって提唱されたマネジメントの手法です。この手法は会社の資源を最適に配分することを目的としています。

PPMは主に図で表現されることが多いです。PPMの図では縦軸に市場成長率をとり、横軸に相対的市場シェアをとります。市場成長率は現金流出量・投資必要額と関連し、相対的市場シェアは現金流入量と関連しています。つまり、市場成長率が高いとき、現金流出量は増加し、相対的市場シェアが高いとき、現金流入量は増加します。

PPMには4つの事業ポートフォリオが存在します。問題児・花形製品・金のなる木・負け犬の4つです。1つずつ説明していきます。

①問題児(Question Marks or Problem Children)

市場成長率:高  相対的市場シェア:低

問題児は市場成長率が高いので、多額の投資が必要になります。一方、相対的市場シェアが低いので資金の流入が少ないです。よって、資金の流出が流入を上回るので赤字になります。しかし、資金を注ぎ込み、マーケットのシェアが改善された場合、問題児は花形製品や金の木に変わっていく可能性は十分にあります。

②花形製品(Stars)

市場成長率:高  相対的市場シェア:低

花形製品は、市場が急速に成長し、相対的市場シェアも高いので、資金の流出入が大きいです。そのため必ずしも資金を創出できるかはわかりません。

③金のなる木(Cash Cows)

市場成長率:低  相対的市場シェア:高

金のなる木は市場の成長が止まり、相対的市場シェアが高いので、資金投資は少ない一方、資金創出力が強いです。よって、この事業は大きな資金を生み出すことができます。

④負け犬(Dogs)

市場成長率:低  相対的市場シェア;低

負け犬は市場成長率・相対的市場シェアの両方が低いため、資金の流出入は小さい。市場成長の見込みはないので、撤退戦略か投資を抑えて収益を回収する収穫戦略の手法を用いられることが多いです。

以上の4つがPPMの事業ポートフォリオです。

企業が成功するには、「金のなる木」から得た資金を「問題児」に投入し、それを「花形製品」に育て上げ、「金のなる木」に成熟させることが大事です。

つまり、「金のなる木」→「問題児」→「花形製品」→「金のなる木」というサイクルを永遠に続けていくことが求められます。

今日はPPMについて書きました。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です