ファイブフォース分析

今日は、ファイブフォース分析について書きたいと思います。

ファイブフォース分析とは業界の収益性を決定する5つの競争要因から、その業界の構造分析を行う手法です。マイケル・ポーターによって定義されました。

*マイケル・ポーターはアメリカ合衆国の経営学者です。

ではここで定義されている5つの競争要因とはどんなものでしょうか?それは次の5つです。①競合他社②新規参入の脅威③代替品の脅威④売り手の交渉力⑤買い手の交渉力が競争要因になってきます。

それぞれどんなものか説明していきます。

①競合他社

これは言葉の通り、同じ業界にどれだけのライバル企業が存在するかです。ライバル企業が多ければ多いほどその業界の魅力度は低くなります。

ex)似ているような規模の会社がたくさんある。製造する製品が似ている。

②新規参入の脅威

新規参入の脅威とは、同じ業界に新しい企業が参入してくることによって、その業界の競争が厳しくなることを指します。新規参入を阻止するためには、参入障壁を高くすることが求められます。

*参入障壁とは、ある業界に参入しようとする企業にとって参入を妨げる障害のこと。

(参入障壁を高める方法)

・規模の経済を利用する→新規参入者は初めから大量生産を行うのは厳しい。

・ブランド認知を高める→既存企業のブランド認知が高ければ、消費者の新規企業へ          の乗り換えは発生しない。

・多額の設備費→多額の投資が必要となる業界に新規参入するのはリスクが高い。

これらの方法で参入障壁を高めることが必要になります。

③代替品の脅威

代替品がたくさん出てきそうな業界の魅力度は低くなります。代替品が市場に出ることで、消費者が代替品を購入し始める可能性があるからです。

代替品の例)カメラ→画質が良い携帯のカメラ、新聞→ネットニュース

④売り手の交渉力

売り手(供給業者)の交渉力が強い場合、業界の魅力度は低下していきます。製品を製造するために必要不可欠な部品を供給する企業は売り手の交渉力が高いと言えます。売り手の交渉力が高い場合、収益性が低くなる可能性があります。

⑤買い手の交渉力

買い手の交渉力が高い場合、業界の魅力度は低下します。特定の買い手しか商品を購入しない場合は買い手の交渉力が高いということになります。買い手の交渉力が高くなるにつれて、値引き交渉などを頻繁に行われることが予想されます。

以上の5つが競争要因になります。これらの競争要因をできるだけクリアしていくことが成長する企業には求められます。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です