競争対抗戦略と競争地位

今日は競争対抗戦略と競争地位について書きたいと思います。

競争対抗戦略とは、市場における高い優位性の獲得を目指した妥当性の高い戦略のことを指します。競争対抗戦略を決定するにあたって、市場における自社の競争地位を明らかにする必要があります。

コトラーによると、競争地位は4類型として捉えることができると提唱されています。

*フィリップ・コトラーはアメリカの経営学者です。

①リーダー

②チャレンジャー

③フォロワー

④ニッチャー

に分類されます。それぞれのタイプと競争対抗戦略について説明します。

①リーダー

市場において、最大シェアを保持している業界最大規模の企業を指します。

(リーダーの競争対抗戦略)

リーダーは業界内最大の市場シェアを保持しているため、全方位型(オーソドックス)戦略をとります。これは言葉の通り、いろいろなところに対して戦略を実行していきます。つまり、リーダーはドメインの範囲を限定しないのです。

戦略の内容としては、

・周辺需要拡大・・・市場規模の拡大を目指す戦略です。

・同質化・・・他社の差別化戦略を防ぐため、わざと他社と同じような商品を作ります。

・非価格対応・・・価格競争に参加せず、安売りはしないです。

などがあります。

②チャレンジャー

リーダーの地位を狙っており、いつかその地位を奪おうとしている企業を指します。一般には業界で2番手、3番手に位置しています。

(チャレンジャーの競争対抗戦略)

対リーダー差別化戦略をとります。リーダーが行っていない市場戦略を実行します。これはリーダーと差別化し、リーダーのポジションを奪うためです。

③フォロワー

リーダーやチャレンジャー企業の市場戦略を模倣し、安いコストで市場に存続する企業を指します。

(フォロワーの競争対抗戦略)

模倣戦略をとります。リーダーやチャレンジャー企業の政策を観察し、迅速に模倣します。これを行うことによって、リスクを小さくすることができますが、リーダーのポジションを奪うことはできないです。

④ニッチャー

市場内のニッチ(隙間)を探し出し、その特殊市場に自らの圧倒的な地位を築こうとする企業を指します。

(ニッチャーの競争対抗戦略)

製品・市場特定化戦略をとります。顧客、市場、独自能力を絞り込み、特定市場内でミニ・リーダー戦略を展開します。

以上が競争地位の4類型です。世の中に存在するすべての企業は、市場内における自社の地位をしっかりと把握し、その地位にあった市場戦略をとることで優位に立てると私は考えます。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です