M&A

今日はM&Aについて書きたいと思います。

M&Aとは2つの言葉の略語です。吸収合併(Merger)と買収(Acquisition)です。

合併は、2つ以上の会社が契約に従って1つの会社に合同することです。一方、買収は買い手である企業が、相手の会社の経営権・資産を獲得することを目的にその会社の資産や株式を購入することです。

(M&Aの種類)

・水平型M&A

同じ業界に存在する競合他社をターゲットとし、買収することを指します。

(水平型M&Aのメリット)

競合他社を買収することによって、買収した企業の規模が大きくなると同時に、市場における占有率を向上させることができます。市場占有率が高まることによって、規模の経済を追及することが可能となります。つまり、たくさんの商品を製造することでコストを低くし、利益を出しやすい環境になります。

・垂直型M&A

同じ業界の中の川上及び川下をターゲットとし、買収することです。

(垂直型M&Aのメリット)

原材料の購入から生産・販売までの一連をコントロールすることができます。また、川上から川下をすべて自社で行うので、中間業者の存在がなくなり、コストを削減することが可能となります。

・多角化M&A

他の業界の企業をターゲットとし、買収することです。

(多角化M&Aのメリット)

多角化M&Aのメリットとしては、主に2つあります。1つ目は、新たな事業の獲得です。多角化M&Aは他の業界の企業をターゲットにしているので、高収益事業を確立することができ、大きな収益アップにつながります。2つ目は、リスクヘッジです。現在行っている事業とは違う事業を展開するので、良い意味でも悪い意味でも関連がありません。つまり、現在行っている事業が失敗したとしても、まったく関係ない新しい事業で利益を生み出すことができます。また、新しい事業に挑戦し、失敗したとしても、現在行っている事業に悪影響をもたらす可能性は極めて低いです。

最後にM&Aの長所と短所を述べます。

長所としては主に2つあります。1つ目は、規模の経済の追求と実現です。M&Aを行うことによって、市場占有率が高まり、コストを下げることができます。2つ目は、時間の節約です。経営資源を保持している企業を買収するので、短期間のうちに新しい事業分野に進出することができます。

短所としては、組織文化の相違があります。2つの会社が1つになるので、組織文化の統制に時間がかかる場合があります。とくに、人間関係において、スムーズにいかないことが多いです。

今日は、M&Aについて書きました。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です