ブランド知識

今日は、ブランド知識について説明したいと思います。

ブランド知識とは、消費者の認識で形成されたブランドに関する知識のことをいいます。ブランド知識はブランド認知とブランドイメージから成り立っています。

ブランドイメージとは、消費者があるブランドについて考えた時に、その消費者の中に思い浮かぶ連想(ブランド連想)の集まりのことを指します。例えば、3coinsはコストパフォーマンスが良く、商品のデザイン及び品質も高いというイメージを消費者に連想させるのではないでしょうか?これがブランドイメージです。

一方、ブランド認知とは消費者の記憶の中にあるブランドの強さによって、その消費者がそのブランドを識別する能力のことを指します。ブランド認知は、ブランド再認とブランド再生から構成されると言われております。

ブランド再認とブランド再生・・・。似ているのでややこしいですね。1つずつ説明していきます。

ブランド再認とは、あるブランドが目の前に与えられた時に、過去にそのブランドを認識したことがあると消費者が正確に区別できることを指します。例えば、バッグのブランドを多数用意し、消費者はその中から知っているブランドを何点か挙げるでしょう。これがブランド再認です。また、ブランド再認は助成想起と呼ばれることもあります。

次に、ブランド再生です。ブランド再生とは、ある製品カテゴリーを消費者に与えた際に、消費者が記憶の中からその製品カテゴリーのブランドを思い出すことを指します。例えば、バッグについて知っているブランドを挙げてくださいと消費者に聞いた時に、何のヒントもなしにいくつかのブランド名を答えてくれるのではないでしょうか?これが、ブランド再生であり、純粋想起と呼ばれることもあります。

最後にまとめです。

ブランド知識は

ブランド認知=ブランド再認+ブランド再生

かつ

ブランドイメージ

から成り立ちます。

ややこしかったと思うので、簡単にまとめました。消費者にブランド知識を植え付けることで、他の商品と購入を迷った際に、有利になる可能性があります。なので、日頃からブランド名を少しでも消費者に知ってもらおうとすることが大事になってきます。

今日は、ブランド知識について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です