職能別組織/事業部制組織/マトリックス組織

おはようございます。今日は、企業の組織について書きたいと思います。

企業の組織は主に職能別組織と事業部制組織とマトリックス組織の3つに分類することができます。それぞれの特徴について説明していきたいと思います。

①職能別組織

職能別組織とは、企業の職能ごとに部署を設け、企業全体で1つの大きな組織になっているものです。職能別組織は目的に応じて区切られた組織構造をしており、機能別組織と呼ばれることもあります。また、製造部、販売部、経理部、研究開発部などのようにそれぞれの機能によって部門化しているが、部門ごとに依存し合っているため、トップマネジメントによる調整が必要となることが多く、集権的職能別組織と呼ばれることもあります。

では、職能別組織の特徴としてはどのようなものがあるのでしょうか?

(メリット)

・専門性に優れているため、知識や経験の蓄積が簡単

・トップダウンの命令系統のため、組織の軸がぶれない

(デメリット)

・トップに権限が集中するため、経営トップの負担が大きい

・集権化が進み、機械のような組織になる恐れがある

(環境)

小規模や中規模の企業に適する

②事業部制組織

事業部制組織とは、事業部ごとに責任や権限を与える組織のことを指します。製造、販売、経理などの機能を持つ各事業部が、1つの独立した企業のように運営されるので連邦制組織と呼ばれることもあります。

(メリット)

・各事業の分権化により自立性と機動性が強化される

・各事業部に権限移譲しているので、将来の経営者として育成が容易になる

・各事業部の責任が明確となり、評価やコントロールが容易になる

(デメリット)

・各事業部の利益を求めるようになり、近視眼的行動に走る可能性がある

・事業部間のコミュニケーションがとりにくい

(環境)

大企業に適する

③マトリックス組織

マトリックス組織、職能(機能)を基準とした横軸と事業部のプロジェクトを基準とした縦軸を組み合わせて編成する組織です。マトリックス組織の特徴としては、ツーボス・マネージャー(2人ボス制)を挙げることができます。つまり、上司が2人存在するということです。

(メリット)

・環境の複雑化に対応できる

・社内の多面的な連絡を取りやすい

(デメリット)

・責任の所在があいまいになってしまう

・多系統の命令に部下が慣れず、混乱する可能性がある

(環境)

海外事業部を多く設けている企業に適する

今日は、3つの企業組織について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です