モチベーション理論

今日は、モチベーション理論について書きたいと思います。

モチベーション理論とは、人間はどのようにして特定の行動に動機づけられていくのかを研究したものです。

モチベーション理論には、個人の行動を動機づけるものは何かを明らかにする内容理論、またはどのようにして動機づけられるかを明らかにする過程理論があります。

今日は、内容理論に焦点を当てて説明していきたいと思います。内容理論の中でも特に有名な理論がマズローの欲求5段階説です。

マズローによれば、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されており、低い階層の欲求が満たされることでより高い階層の欲求を欲するとされています。

*マズローはアメリカの心理学者です。

では、5段階の欲求についてそれぞれ説明します。

第1段階欲求=生理的欲求

第1段階欲求は「生理的欲求」です。人間は生きていくためには基本的・本能的な欲求が必要不可欠です。つまり、飢え、睡眠、休息、渇きなどの生理的に必要な欲求のことを指します。

第2段階欲求=安全欲求

第2段階欲求は「安全欲求」です。自分の身体の安全及び安全な暮らしがしたいという欲求を指します。つまり、台風を凌ぐ家や健康などがこの欲求に当てはまります。

第3段階欲求=社会的欲求(所属と愛の欲求)

第3段階欲求は「社会的欲求」です。友人、家族、恋人との愛情に満ちた関係や集団に所属したり、仲間を求める欲求のことを指します。つまり、誰かに愛されたいという気持ちのことを表しています。

第4段階欲求=尊敬と自尊心の欲求(自我の欲求)

第4段階欲求は「尊敬と自尊心の欲求」です。他人から認められたい、尊敬されたい、あるいは自分が他人より優れているということを認識したいという欲求が第4段階欲求になります。

第5段階欲求=自己実現の欲求

第5段階欲求、つまり最後の欲求は「自己実現の欲求」です。自分の能力の向上を望み、自分の理想の人間像になりたいという欲求を指します。この欲求は仕事を行う上で非常に大事になってきます。自分の目指す人間像を常に頭に思い浮かべ、その人間像に少しでも近づけるように努力することはとても大切です。

今日は、マズローの欲求5段階説について書きました。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です