受注生産と見込生産

こんにちは。今日は、生産形態について書きたいと思います。

生産形態としては、主に受注生産と見込生産の2種類に分類することができます。それぞれについて説明します。

まずは、受注生産についてです。

受注生産とは、お客様に注文を頂いてから生産を開始する形態です。つまり、お客様の注文に応じて、商品の設計・製造・出荷を行うことになりますので、OEMという形になります。

OEMとは、メーカーの工場を使用し、顧客の要望やオリジナルのデザインに応じた商品を製造することを指します。OEMでの製造を行うことで、メーカーは在庫を持たなくてすみます。一方、顧客にとっては、オリジナル商品を市場に導入することができるので、競合他社製品との差別化を実現することができます。

受注生産を行う上での課題がいくつかあります。

まず1つ目が、コスト及び納期見積りの精度を高めるということです。お客様に注文を頂いてから、商品を製造し始めるので、商品の製造を開始する前に、商品製造にかかるコストと商品の納期といった情報を的確にお客様にお伝えしないといけません。なぜなら、お客様はその情報を元に商品の注文を行うからです。商品の製造中にコストが上がったり、納期がずれるという問題が起こった場合、取り返しのつかないことになります。

2つ目は、生産リードタイムの短縮化です。お客様にご注文頂いてから商品をお届けするまでの期間が短ければ短いほど良いです。

一方、見込生産とはお客様から注文を頂く前に生産を行い、在庫を保有します。そして、お客様の注文に応じて商品を発送します。

見込生産を行う上での課題は2つあります。

1つ目は、需要予測の精度を高めるということです。見込生産は、注文を受ける前に商品の製造を開始するので、需要を予測することが必要になってきます。また、その需要予測を誤ると、デッドストックになってしまうので注意が必要です。

2つ目は、生産体制の確立です。この生産体制は、商品が需要予測を大きく上回る動きをした場合に必要不可欠です。機会ロスを防ぐ為に、生産ラインをもう1本増やすことができるかなどの事前準備が大事です。

今日は、受注生産と見込生産について書きました。どっちかに偏ることなく、商品によって生産形態を変えることも大事だと感じました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です