経営計画の種類

こんばんは。今日は、経営計画の種類について書きたいと思います。

経営計画が必要な理由とは何でしょうか?その理由はいくつかあります。1つ目は、目標達成のためです。2つ目は、到達度の把握です。そして、3つ目が結果を次の計画に活かす為です。これら3つは経営計画がなければ成り立ちません。

経営計画にはいろいろな種類があります。

①期間を中心にした経営計画

②対象を中心にした経営計画

③内容を中心にした経営計画

それぞれについて説明していきます。

まずは、期間を中心にした経営計画です。これは、長期計画・中期計画・短期計画などがあります。

長期計画の期間は、だいたい5年から10年です。以前は、長期計画がよく採用されていましたが、最近は時代の流れが早く、環境が頻繁に変化することから5年から10年後を予想することが難しくなっています。

中期計画の期間は、2年から3年ぐらいです。1年では達成できないような目標を計画するのが中期計画になります。私は中期計画が、最も大切だと感じます。

短期計画の期間は、半年から1年です。業務執行計画として採用されます。

次は、対象を中心にした経営計画についてです。個別計画と総合計画があります。個別計画とは、それぞれの活動を対象にして立てられる計画を示します。例えば、製造・販売・会計・広報などの職能別の計画などです。一方、総合計画とは経営活動全般に関わる計画のことを表します。

最後は、内容を中心にした経営計画です。これは戦略的計画と戦術的計画に分類することができます。戦略的計画とは、企業の将来像を想像し、立てる計画のことです。環境変化が著しい中でも、企業が長期に渡って成長できるための計画と言うことができます。一方、戦術的計画とは日常業務を中心にした計画となっています。つまり、日常業務を効率的に行い、与えられた目標を達成するために立てられる計画です。

今日は経営計画の種類について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です