メラビアンの法則

こんにちは。今日はメラビアンの法則について書きたいと思います。

メラビアンの法則は有名なので、この用語を一度は耳にしたことがある方は多いのではないかと思います。

メラビアンの法則とは、アメリカUCLA大学の心理学者であるアルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念になります。人物の第一印象に視点を置いており、人物の第一印象とは、初めて会った時の3秒から5秒で決まると言われています。また、一瞬で決まる情報のほとんどを「視覚」から取得しているとアルバート・メラビアンは唱えています。

第一印象が決まる要因としては次のものを挙げることができるとメラビアンは唱えています。「見た目/表情/しぐさ等」の視覚情報が55% 、「声の質/話すスピード/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%、「言葉の意味/話の内容等。」の言語情報が7%であると言われています。

人の第一印象の大半は視覚情報で決まるということになります。次に声などの聴覚情報であり、最後が言語情報ということです。つまり、話の中にどれだけ良い情報を盛り込んだとしても、初めて会った時の見た目や表情が悪かった場合、その人の第一印象は悪いということになってしまうのです。

このことを踏まえて、日常生活について考えてみたいと思います。

まずは、就職活動の面接です。メラビアンの法則をもとに考えると、面接では面接官を初めて見る時に、明るい笑顔と大きな声で自己紹介すれば良いということになります。これだけを徹底して行なうことで、視覚情報と聴覚情報の93%占めることができます。よって面接官のその人に対する第一印象は好印象になり、面接が受かりやすくなることが予想されます。

次に営業です。新規開拓など、初めてお伺いする場合は、笑顔で明るく自己紹介するのが良いです。あとは、声のトーンを上げ、サービスや商品の提案をすることも重要になってきます。第一印象が好印象な場合、頻繁に取引を行ってもらえる可能性が高まります。

今日は、メラビアンの法則について書きました。第一印象を良くするためには、明るく笑顔で声のトーンを少し上げてみることが重要になってきます。

ぜひ、試してみて下さい。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です