店舗施設の機能

こんにちは。今日は、店舗施設の機能について書きたいと思います。

皆さんは、店舗施設の機能と聞いて何を思い浮かべますか?たくさんあると思います。

今日は、主な店舗施設の機能として6つ挙げたいと思います。

①訴求機能

1つ目は、訴求機能です。訴求機能とは、店舗の存在を知らせる、あるいは目立たせる機能のことを指します。外装や看板、または販売員による呼び込みや店頭販売がこの機能にあたります。

②誘導機能

2つ目は、誘導機能です。誘導機能とは、顧客を店内へ誘導する機能のことを指します。ショーウィンドウのディスプレイや入りやすい扉、または店内の明るいライトなどが誘導機能になります。

③演出機能

3つ目は、演出機能です。演出機能とは、演出により商品の魅力を伝え、顧客の商品購入を促す機能のことです。演出機能には、様々な方法があります。

例えば、テーマを決め、そのテーマに沿って商品をディスプレイする方法です。

今の時期でしたら、秋冬商品の立ち上がりになりますので、防寒フェアというテーマをもとに服飾関連の商品を一緒にディスプレイすることで、顧客の購買決定を促すことができると思います。これはクロスマーチャンンダイジングと呼ばれます。

④選択機能

4つ目は選択機能です。選択機能とは、顧客に商品を選ばせる機能です。商品を選ぶということは、商品に触れるということを表します。よって、顧客が商品を手に取りやすい陳列にすることが大事です。また、POPによって、カラー展開を紹介することも1つの方法です。

⑤購入促進機能

5つ目は、購入促進機能です。購入促進機能とは、「買いやすさ」を実現する機能です。この「買いやすさ」を実現するためには、従業員の接客や販売の仕方、あるいはレジの台数などを考慮する必要があります。

⑥情報発信機能

最後は、情報発信機能です。情報発信機能とは、顧客に情報を発信する機能です。この機能は、これからますます重要になってくると考えられます。POPやチラシ、ポスターなどがこの機能にあたります。

また、最近では、SNSやインターネットを使った情報発信が注目されています。店舗側が顧客に対して、情報発信することで、顧客が商品を購入してくれます。そして、購入した商品を顧客がSNSで情報発信することで、その商品の知名度は一気に上がり、拡販に繋がります。

このような流れを生み出すことができたら、店舗側にとってはメリットしかありませんね。

今日は、店舗機能について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です