様々な利益

こんにちは。今日は、損益計算書に記載される様々な利益について書きたいと思います。

損益計算書は、足し算と引き算でできており、収益-費用=利益を計算しています。

では、その損益計算書に記載されている利益にはどのような種類があるのでしょうか?1つずつ説明していきます。

①売上総利益

まずは、売上総利益です。売上総利益とは、粗利益のことを示しています。つまり、売上高から売上原価(仕入額)を差し引いた後に、残っている利益のことを売上総利益と呼びます。

②営業利益

2つ目は、営業利益です。営業利益とは、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引くことで求めることができます。営業利益は、本業の儲けを表していると言えます。

販売費及び一般管理費とは、会社が営業する上で必要になってくる様々な費用のことです。

販売費及び一般管理費としては、交通費や給料、あるいは通信費などがあります。

③経常利益

3つ目は、経常利益です。経常利益とは、営業利益に営業外収益を加え、営業外費用を差し引くことで求めることができます。

営業外収益及び営業外費用は通常の営業活動以外で生じる収益や費用のことを指します。具体的には、財務活動を通じて生じた利息などです。

④税引前当期純利益

4つ目は、税引前当期純利益です。税引前当期純利益とは、経常利益に特別利益を加え、特別損失を差し引くことで求めることができます。

特別利益とは、通常では生じない臨時のものを示します。つまり、所有の土地を売却することで、利益を得た場合などです。

一方、特別損失とは、火事や地震あるいは、台風などの自然災害によって建物等に損失が出た場合などです。

⑤当期純利益

5つ目は、当期純利益です。当期純利益とは、税引前当期純利益から法人税、住民税、事業税を差し引いたものになります。つまり、会社の最終的な利益が当期純利益ということになります。

5つの利益について説明してきました。これを見てわかることは、売上高から色々な項目を足したり、引いたりすることで、当期純利益を求めることができるということです。

会社の最終的な利益は、当期純利益ですが、世間一般に会社の利益という場合は、経常利益を指すことが多いです。

今日は、様々な利益について書きました。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です