様々な設備管理

こんにちは。今日は、様々な設備管理について書きたいと思います。

設備の高度化により、設備管理の重要性は増えてきています。設備管理の種類は多いので、順番に説明していきます。

まずは、保全活動についてです。保全活動とは、設備の故障の排除、あるいは設備を良好な状態に保つことで、効率的な生産活動をサポートする活動の総称です。

保全活動は、設計時の技術機能を維持するための維持活動と、設備を修復、改善する改善活動に分類することができます。

ここからは、維持活動の分野と改善活動の分野に分けて説明していきます。

まずは、維持活動の分野です。維持活動は予防保全と事後保全に分類することができ、予防保全はさらに定期保全と予知保全に分類することができます。

①予防保全

予防保全とは、故障に至る前に寿命を予測し、設備の故障を未然に防止することを指します。つまり、設備の寿命が15年と判断した場合、10年頃に点検を行うということです。

②事後保全

事後保全とは、設備に何らかの故障が見つけられた段階で、その故障を修理、改善することを指します。つまり、設備の調子が悪くなった時に修理するということです。

①ー1定期保全

定期保全とは、今までの故障記録からある周期を決め、周期ごとに設備点検を行うことを指します。つまり、定期点検のことです。

①ー2予知保全

予知保全とは、設備の劣化傾向を把握し、故障に至る前の最適な時期に対策を行うことを指します。

次に、改善活動の分野です。改善活動は改良保全と保全予防に分類することができます。

①改良保全

改良保全とは、故障が起こりにくいような設備への改善や機能向上を行うことを指します。

②保全予防

保全予防とは、設備や部品などについて、計画、設計段階から故障に関する事項を予測し、これらを排除することを指します。

これらが、維持活動と改善活動の具体的な内容になります。

今日は、様々な設備管理について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です