株式会社の機関の種類

こんにちは。今日は、株式会社の機関の種類について書きたいと思います。

機関とは、会社において一定の地位にある人のことを指します。

機関には、次のようなものがあります。

①株主総会

まずは、株主総会です。株主総会とは、株式会社の基本的な意思決定を行う機関です。また、株式会社を設立するにあたり、必ず設置しなければならない機関です。

②取締役

取締役とは、株式会社の業務を執行する機関であり、株式会社を設立するにあたり、最低1人は必要になってきます。

③取締役会

取締役会とは、3人以上の取締役によって編成され、代表取締役選定や会社の運営管理の意思決定を行う機関です。

④監査役

監査役とは、取締役の職務執行がちゃんと行われているか、あるいは会社の会計をチェック(監査)する機関です。

非公開会社の場合、監査役は任意設置になります。しかし、取締役会設置会社の場合は、原則として設置しないといけません。

⑤監査役会

監査役会とは、3人以上の監査役で編成され、監査方針の決定及び監査報告書の作成などを行う機関を指します。

また、3人以上の監査役の半数以上は社外監査役で構成しなければなりません。

⑥会計監査

会社監査とは、主に大企業の計算書類の監査を行う機関です。大会社においては、会計監査人を必ず設立しなければなりません。

⑦会計参与

会計参与とは、会社法によって新たに設置された機関です。主な業務内容としては、取締役と共同で計算書類の作成を行います。

全ての株式会社において、会計参与は任意設置となっています。

⑧委員会

委員会とは、効率的な経営と監督を実現するために設置された機関です。委員会は、指名委員会、監査委員会、報酬委員会の3つの委員会から構成されています。

取締役会を設置している会社は、委員会を設置することはできません。また、監査役及び監査役会を設置している会社も委員会を設置することはできません。

⑨執行役

委員会設置会社において、取締役会の委任をもとに、業務執行及び決定を行う機関です。

委員会設置会社においては、1人以上の執行役を設置しなければなりません。

今日は、株式会社の機関の種類について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です