持続的な差別化

こんばんは。今日は、持続的な差別化について書きたいと思います。

このご時世を生き抜くためには、ライバル会社といかに差別化できるかが重要なポイントになってきます。

差別化とは、ライバル会社にはなく、自社にあるものということです。

差別化を持続的に継続させる上で、重要になってくるのが模倣を防ぐということです。

例えば、ある企業Aが新しい商品を世の中に出したとします。するとすぐにライバル企業Bが似たような機能及びデザインの商品を発売するようなケースが多々あります。

これは、企業Aの新商品がライバル企業Bによって模倣された可能性が高いです。

では、どのようにして模倣を防ぐことができるのでしょうか?

模倣を防ぐ方法はいくつかあります。

①模倣に時間及び費用がかかる場合

例えば、企業Aが何十年もかけて製造することができた商品があったとします。このような場合、ライバル企業Bがその商品を模倣することは困難になります。

つまり、何十年もかけて製造された商品を短期間で製造することはできないからです。

これは、いくら技術力が高い企業であっても厳しいと思われます。

②企業の社風

最も模倣が困難なのは、企業の社風です。企業の社風とは、その企業独自のものです。社風は、会社の歴史でもあります。それを簡単に模倣することは極めて難しいです。

③差別化を生み出す要因が不明な場合

3つ目は、差別化を生み出せている要因がわからない場合は、模倣が困難になります。

例えば、飲食店の場合を考えます。飲食店Aのラーメンはとても美味しく、人気が急上昇しています。特にラーメンのスープが美味しいと評判になっています。

近隣の飲食店Bは、飲食店Aのラーメンの味を模倣しようと研究していますが、中々上手いこといきません。

その理由としては、飲食店Aは、先祖代々から伝わる秘伝のスープをラーメンに使っていたからです。

このように、差別化を生み出せている理由や要因がわからない場合は、持続的な差別化が可能になると考えられます。

以上のような、戦略をとることで、ライバル企業の模倣を防ぎ、持続的な差別化を実現することができるのではないかと考えられています。

今日は、持続的な差別化について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です