7つのムダ

こんばんは。今日は、7つのムダについて書きたいと思います。

この7つのムダは、トヨタの生産方式で徹底されている内容です。ムダを排除することによって、作業能率の大幅な向上を実現しています。

(7つのムダ)

①つくり過ぎのムダ

まずは、つくり過ぎのムダです。これは、最悪のムダとして認識されています。商品をつくり過ぎることによって、売れ残った時のリスクが高くなります。また、過剰人員、工場設備投資などのコストが発生してしまいます。

②手待ちのムダ

手待ちのムダとは、従業員及び作業員が手待ちになっている状態のことを指します。例えば、機械が作動中にその機械を見ているだけ、機械故障による作業中断、部品不足による作業手待ちの状態などが手待ちのムダにあたります。

③運搬のムダ

運搬のムダとは、必要以上の運搬作業のことを示します。このムダを排除するためには、基本的な工程を見直す必要があります。

④加工そのもののムダ

作業者が未熟なために、効率よく加工できない状態を指します。

⑤在庫のムダ

在庫のムダとは、倉庫費などの在庫管理費用や、長期在庫による商品の劣化などのことです。在庫をすることで、機会ロスを防ぐことができます。しかし、在庫が多すぎることによって回転率が下がります。回転率が下がることによって商品の動きが遅くなります。よって長期保管が発生し、商品の劣化が起こってしまう可能性があります。

⑥動作のムダ

動作のムダとは、ムダな作業動作や判断のミスによる作業の遅れなどのことを指します。動作のムダには、いろいろな種類があります。

例えば、作業の順番です。作業の優先順位を間違えることで、作業時間が長くなってしまいます。よって作業の優先順位を考え、取り組むことにより効率的な作業ができます。

あるいは、歩くルートです。何回も行ったり来たりしないように、考えながら作業することが重要です。これを行うことによって、作業時間及び効率を上げることができます。

また、作業姿勢も大事です。無理な姿勢で仕事することによって、体に負担がかかり、作業スピードかつ精度が劣ってしまいます。

⑦不良をつくるムダ

最後は、不良をつくるムダです。不良品が発生することによって、その商品をつくるために使われた部品が、全てムダになってしまいます。つまり、コストがかかると同時に売上を上げることもできないので、企業の損失は大きいです。

不良をできるだけ出さないように、注意する必要があります。

今日は、7つのムダについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です