色のイメージ

こんにちは。今日は、色彩について書きたいと思います。

色彩には、色々なイメージがあります。今日は、そのイメージについて説明していきます。

高級なイメージ・・・金、銀、白

楽しいイメージ・・・黄、橙、水色

静かなイメージ・・・グレー

次は、商品から受けるイメージです。

肉・・・ピンク系

魚・・・ブルー系

子供服・・・男の子はブルー系、              女の子はピンク系

季節のイメージは次のものです。

春・・・ピンク

夏・・・青、水色、緑

秋・・・茶

冬・・・赤、白、緑

季節のイメージは、売場を設営する際に必ず利用されます。

例えば、POPです。春物の商品が入荷した際に、春物入荷というPOPを作成する場合はピンク色が使われることが多いです。

また、秋物入荷というPOPは茶色を使われることが多いです。

これは、季節の持つイメージに左右されています。春の場合は、桜です。一方、秋の場合は、落ち葉や紅葉などが人々に秋のイメージを与えています。

次は、色の組み合わせによるイメージです。

暖かい感じ・・・暖色と暖色

涼しい感じ・・・寒色と寒色

軽い感じ・・・明るい明度の色同士

派手な感じ・・・彩度が高く、色相が離れている色同士

落ち着いた感じ・・・茶と暗い色同士

陽気な感じ・・・黄と明るい色の配色

売場を設営する場合、これらの色の組み合わせを利用することは重要になってきます。

例えば、海遊館の中で、涼しい感じの雰囲気を出したいとします。その場合は、寒色と寒色を組み合わせることによって涼しいイメージを与えることが可能になります。

また、ヤングファッション売場の壁紙を考える場合は。若々しいイメージを売場に与える必要があります。つまり、白や鮮やかな色を組み合わせることが必要になります。

今日は、色のイメージについて書きました。色は、人々に様々なイメージを提供する役割を担っています。

色をうまく利用することで、売場にアクセントや雰囲気を醸し出すことができたら、より良い売場になると考えられます。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です