動機づけ・衛生理論

こんばんは。今日は、動機づけ・衛生理論について書きたいと思います。

動機づけ・衛生理論とは、アメリカの臨床心理学者であるフレデリック・ハーズバーグによって提唱された理論です。

この理論は、仕事においての満足と不満足を引き起こす要因や原因に関する理論となっています。

ハーズバーグは、人間が仕事に満足感を感じる要因と仕事に不満足を感じる要因は全く違うものであると述べています。

人間には2種類の欲求があります。

1つ目は、辛いことや痛いことをできるだけ避けようとする動物的な欲求です。

2つ目は、仕事においてだけでなく、心理的に成長しようとする人間的な欲求です。

この2つの欲求を上手くコントロールすることで、人間は安定したパフォーマンスを披露することができます。

この理論でいう衛生要因とは、不満要因であり、これをいくら取り除いても満足感を生み出すことはできないもののことを示します。

(衛生要因の例)

・労働条件及び環境

・給与及び待遇

・上司との人間関係

・同僚との人間関係

・会社の方針

上のようなものが、衛生要因にあたります。

動機付け要因とは、仕事の満足度を向上させることができる要因であり、例えこの要因が欠けていたとしても、不満を生み出す要因にはならないものを示します。

(動機づけ要因の例)

・達成感

・責任感

・仕事そのもののやりがい

・昇進・昇格

上のようなものが動機づけ要因にあたります。

自分の部下や同僚のモチベーションを高めるためには、動機づけ要因を与える必要があります。

例えば、仕事に対する部下のモチベーションが中々上がらない場合は、部下に責任感や仕事そのもののやりがいなどを与えることで、モチベーションが上がる可能性があります。

働く人間を上手くコントロールするには、できるだけ衛生要因を取り除き、モチベーションが上がる動機づけ要因を多く与えることが重要になってきます。

今日は、動機づけ・衛生理論について書きました。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です