ベンチマーキング

こんばんは。今日は、ベンチマーキングについて書きたいと思います。

ベンチマーキングとは、簡単に言いますと「ベストに学ぶ」ということを指します。

つまり、会社経営や業務などの非効率な点を改良するために、優良な企業の優良事例(ベストプラクティス)を参考にしながら、それを目標(ベンチマーク)に自社の経営や業務活動を評価し、改善していく手法のことをベンチマーキングといいます。

では、実際に例を挙げながらベンチマーキングについて説明していきます。

アパレルメーカーA社は、創業40年です。対象顧客の年齢層は10代〜50代と幅広く、商品数は100アイテムを超えます。

今までは、売上も好調であり、商品数の多さがアパレルメーカーA社の魅力の1つでした。しかし、ここ最近、A社の売上が下降傾向にあり、A社の経営者は悩んでいます。

そこで、A社の経営者は、ベンチマーキングの手法を用いて、売上を伸ばすことに決めました。

まず初めに、同じ業界で成功している企業や違う業界で成功している企業の経営や業務の進め方を研究します。そして、優良事例(ベストプラクティス)を見つけ出します。

成功している企業とアパレルメーカーA社の違いは商品数の多さです。つまり、成功している企業の方がアパレルメーカーA社より在庫量が少なかったのです。

なぜなら、A社と違って成功している企業は顧客層を絞っているからです。A社が10代〜50代の顧客をターゲットにしているのに対し、優良企業は10代〜20代、もしくは40代〜50代の顧客層をターゲットにしていました。

アパレルメーカーA社は、顧客層を絞るというベストプラクティスを参考にしながら、売上の回復を目指すことになりました。

これがベンチマーキングの例です。

つまり、優良な企業のいいところを真似し、自社も成長させようとすることがベンチマーキングなのです。

今日は、ベンチマーキングについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です