知的財産権の種類

おはようございます。今日は、知的財産権の種類について書きたいと思います。

知的財産権とは、知的創造の活動によって生み出されたものを、創作した人物の財産として保護するための制度のことを指します。

知的財産とは、発明、考案、意匠、あるいは著作物などの人間の創造活動によって生み出されるもののことを示します。

知的財産権には、主に「特許権」「実用新案権」「意匠権」「著作権」「商標権」などが含まれます。

また、知的財産権は、特許権や著作権などの「知的創造物についての権利」と商標権や商号などの「営業標識についての権利」に大きく分けられます。

つまり、人間が知恵を使って生み出したものやことを知的創造物と呼んでいます。

また、会社を営業する際に役立つものやことを営業標識についての権利と呼んでいます。

では、知的創造物についての権利や営業標識についての権利にはどのようなものがあるか説明します。

(知的創造物についての権利)

・特許権(特許法)

・実用新案権(実用新案法)

・意匠権(意匠法)

・著作権(著作権法)

・回路配置利用権

・育成者権(種苗法)

・営業秘密(不正競争防止法)

(営業標識についての権利)

・商標権(商標法)

・商号(会社法、商法)

・商品表示、商品形態

上記のようなものがそれぞれあります。

知的創造物についての権利の中の特許権、実用新案権、意匠権の3つは産業財産権にあたります。

一方、営業標識についての権利の中の商標権は産業財産権になります。

産業財産権とは、知的財産権の中でも、特に産業政策的な諸権利のことを示します。

今日は、知的財産権の種類について書きました。

各種知的財産権については、後日詳しく説明していきたいです。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です