意匠権

こんにちは。今日は、意匠権について書きたいと思います。

意匠権は、産業財産権の1つです。

意匠権とは、意匠の保護や利用を促すことにより、意匠の創作や産業の発達に寄与する役割を担っています。

では、意匠とは何でしょう?

意匠は、物品(物品の部分を含む)の形状、模様もしくは色彩またはこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものであると意匠法で定義されています。

つまり、意匠とはデザインや形状のことを示しています。

意匠であると認めてもらうためには、次の要件を全て満たさないといけません。

①物品と認められること(意匠の物品性)

ここでいう物品とは、取引の対象となる運搬可能な有体物のことを指します。

また、部分意匠の制度というものもあり、物品の一部でも保護することが可能です。例えば、お茶を入れるビンの取っ手のデザインが特別なものである場合、このビンの取っ手が部分意匠ということになります。

②物品自体の形態であること

これは、意匠の形態性と呼ばれています。つまり、物の形やデザインであることを指します。

③視覚を通じて美感を起こさせるものであること

目で物品の形態を認識できないものは、意匠として認められません。

以上の3つが意匠権を取得する際の要件です。

次に、意匠権の存続期間です。意匠権の存続期間は、意匠権登録の日から20年間です。存続期間は、特許権と同じですが、違うことがあります。

それは、特許権の場合、出願から20年ですあるのに対して、意匠権は登録から20年ということです。

次に、意匠登録の際の注意点を書きたいと思います。

1つ目は、工業で利用できるという点です。つまり、絵画などは対象外になります。

2つ目は、創作非容易性があることです。つまり、簡単に創作されるような意匠であることが必要不可欠です。

3つ目は、先願主義です。同一もしくは、類似の意匠について出願があった場合は、先に出願した方が意匠権を取得することができます。

今日は、意匠権について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です