商標権

こんにちは。今日は、知的財産権であり、産業財産権の1つである商標権について書きたいと思います。

商標権とは、商標を保護することによって、商標を使用する人間における業務上の信用維持を促進し、産業発達及び需要者の利益を保護する役割を担っています。

では、商標とは何なのでしょうか?

商標とは、文字や図形や記号もしくは立体的な形状のものを示します。

この商標には、2つの種類があります。

1つ目は、商品商標です。

商品商標とは、業として商品を生産し、証明し、または譲渡すふ者がその商品について使用するものを示します。

商品商標の例としては、自動車の「TOYOTA」などがあります。

次に役務商標です。

役務商標とは、業として役務を提供し、または証明する者がその役務について使用するものを示します。

役務商標は、会社のロゴなどに使われることが多いです。

次に小売等役務商標制度について説明します。

これは、小売業者等が使用する商標を役務商標として保護する制度のことです。

(例)

小売店Aは、創業60周年の大きなお店です。小売店Aは、古くから住民に愛されており、小売店Aのロゴにも親しみを抱いています。

このロゴは、小売等役務商標制度によって保護されているため、お店のショッピングカートや看板、あるいは販売員のネームプレートにも使われています。

これが、小売等役務商標制度です。

最後に、商標の3つの機能について説明したいと思います。

①出所表示機能

1つ目は、出所表示機能です。これは、同じ商標を付けた商品やサービスは、いつも一定の生産者や販売員によるものであることを示す機能です。

つまり、Aというロゴが付いている商品は、どこで生産及び提供されているか把握できるということです。

②品質保証機能

2つ目は、品質保証機能です。これは、同じ商標を付けた商品は、いつも一定の品質を備えているという信頼を保証する機能です。

③広告宣伝機能

3つ目は、広告宣伝機能です。これは、広告に商標を使用することにより、その事業の商品やサービスを消費者に伝え、購入を促す機能です。

最後は、商標権の存続期間です。商標権の存続期間は、商標を登録してから10年間です。(更新あり)

今日は、商標権について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です