著作権

こんにちは。今日は、著作権について書きたいと思います。

著作権は、著作物や実演、あるいはレコードなどにおける著作者の権利を保護し、文化の発展を促進する役割を担っています。

著作権は、特許権や実用新案権、あるいは意匠権や商標権のように、権利を取得するための登録は必要ありません。

著作者とは、著作物を作成した人間のことをいいます。

一方で、著作物とは、思想や感情を創作的に表現したものであり、文芸や美術あるいは音楽に関連するもののことをいいます。

また、著作者に似たような言葉として著作権者という言葉が存在します。著作権者とは、著作権をもつ人間のことをいいます。

著作権が移転しない場合は、著作者が著作権者になりますが、著作権が移転した場合は、著作者と著作権者が不一致になってくる可能性があります。

著作権の例としては、写真や音楽、あるいは小説や論文、建築物など幅広いです。

次に、著作権の保護期間について説明します。

著作権は、その著作物が創作されてから著作者の死後50年保護されます。

また、映画の著作物の場合は、公表後70年と決められています。

次に、著作者の権利についてです。

著作者の権利には、著作者人格権と著作財産権というものがあります。

著作者人格権とは、著作者本人のみの権利であり、譲渡することができない権利を示します。

著作者人格権の種類としては、公表権や氏名表示権、同一性保持権などがあります。

公表権は、著作者が著作物を公表するかしないか、あるいは公表するタイミングを決定できる権利です。

氏名表示権は、著作物の著作者として氏名を表示するかどうかを決めることができます。

同一性保持権は、著作物の完全性を保持する権利です。つまひ、著作者以外の人が無断で著作物の内容を変えれないということです。

以上が、著作者人格権の内容です。

次に著作財産権です。著作財産権は、著作物に対して発生する財産的利益を保護する権利です。

著作財産権には、たくさんの種類があります。

複製権、上映権、口述権、上演権、翻訳権など、他にもたくさんあります。

1つ1つの説明はここでは控えさせて頂きますが、簡単に言うと、著作者以外の第3者が勝手に著作物を複製したり、上映したりするのを防ぐ権利と思って頂いたらわかりやすいかと思います。

今日は、著作権について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です