照明

こんばんは。今日は、照明について書きたいと思います。

照明は、店舗のレイアウトと同じくらい大事なものです。店舗や商品を目立たせる役割を担ったり、顧客の誘導を行うことができます。

例えば、店舗の入口と奥では照明の明るさは変える方が望ましいです。店舗の入口より、奥の方を明るくすることによって、お客様の誘導機能を高めることができます。

次に照明の役割について書きたいと思います。

照明の役割には、主に4つあります。まず1つ目は、顧客に店舗の存在をアピールすることです。

照明によって綺麗な照明やオシャレな雰囲気を創出することによって、競合他社との差別化を図ることができます。

2つ目は、商品のイメージの演出を行うことです。夏は、暑い日差しのように照明をきつくし、夏の雰囲気を出します。

3つ目は、店舗内の回遊をしやすくすることです。例えば、奥の方の売場の照明を入口の照明より、明るくすることによって、奥の売場へとお客様が足を運んでくれます。

4つ目は、購買意欲を向上させることです。店舗のディスプレーに関して、照明を上手く利用することによって、店舗の雰囲気を良くする役目があります。

次に照明の基本的用語について説明します。

①ルーメン(光束)

1つ目は、ルーメン(光束)です。光源から放射される光の量のことを示します。

②カンデラ(光度)

2つ目は、カンデラ(光度)です。光源からある方向に向かう光の強さを示します。

③ルクス(照度)

3つ目は、ルクス(照度)です。光を受ける面の明るさを示します。

④スチルブ(輝度)

4つ目は、スチルブ(輝度)です。ある方向から見たものの輝きの強さのことを示します。

今日は、照明について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です