ランチェスター戦略

こんばんは。今日は、ランチェスター戦略について書きたいと思います。

ランチェスター戦略とは、弱者である企業が、強者である企業に勝つための戦略のことを示します。

この世の中には、2種類の企業が存在しています。まず1つは、市場シェアNo.1の企業、あるいは、市場シェア2位以降の企業です。前者を強者と呼び、後者を弱者と呼びます。

強者の戦略は、以下のようになっています。

①同質化戦略

まず1つ目は、同質化戦略です。市場シェアNo.1のリーダーである企業は、差別化されることを嫌います。市場シェア2位や3位の企業は、リーダー的存在である企業の商品を真似しません。

つまり、差別化しようとしてきます。そこで、市場シェアNo.1の企業は、市場シェア2位や3位の企業が製造した商品と似たような商品を製造し、同質化を図り、売上を確保を目指します。

②広告費をあまり使わない

2つ目は、広告費をあまり使わないということです。市場シェアNo.1の企業は、大半のお客様に知られているので、お客様がSNSで情報を発信してくれます。

次に弱者の戦略です。弱者の戦略は以下のようなものがあります。

①差別化戦略

まず1つ目は、差別化戦略です。市場シェアNo.1をとるには、リーダーの企業と差別化する必要があります。

②ニッチ市場の開拓戦略

2つ目は、ニッチ市場の開拓です。ニッチ市場は、すきま市場とも呼ばれます。つまり、小さな市場でもいいので、シェアNo.1を確保しようという戦略になります。

以上が弱者の戦略です。

今日は、ランチェスター戦略について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です