SL理論

こんにちは。今日は、SL理論について書きたいと思います。

SL理論とは、1977年にP・ハーシーとK・H・ブランチャードによって提言された理論です。

この2人は、行動科学的アプローチを用いることによって、部下やチームスタッフの能力やスキルレベル、あるいは思考と行動の傾向を基に、4つの環境に区分しました。そして、それぞれの区分に最適なリーダーの行動を示しました。

つまり、部下やチームスタッフの能力や現状に応じてリーダーシップのスタイルは変わるということを定しています。

では、4つのリーダーシップとは、それぞれどんなものなのでしょうか?以下で説明します。

①指示的リーダーシップ

まず、1つ目は、指示的リーダーシップです。このリーダーシップは、部下やチームスタッフの能力や知識の成熟度が低い場合に、有効となるリーダーシップです。

つまり、部下やチームスタッフに対して頻繁に指示をすることによって組織を運営する形式になります。

②説得的リーダーシップ

2つ目は、説得的リーダーシップです。このリーダーシップは、部下やチームスタッフの能力や知識の成熟度が50%に至らない場合、有効です。

成熟度が50%に近づくにつれて、指示を減らし、支援を増やすことがリーダーに求められます。

③参加的リーダーシップ

3つ目は、参加的リーダーシップです。このリーダーシップは、部下やチームスタッフの能力や知識の成熟度が50%を超えた場合、有効です。

つまり、部下の能力や知識がある程度身についたので、指示や支援を減らし、部下が自発的に仕事を行うように誘導することが大切になります。

④委任的リーダーシップ

最後は、委任的リーダーシップです。このリーダーシップは、部下やチームスタッフの能力や知識の成熟度が高い場合、有効です。

部下の能力が高まっている状態なので、仕事の権限を出来るだけ与えてあげる必要があります。

例えば、重要なミーティングに参加させたり、大きなプロジェクトを任せるなどのことです。

このようなことを、部下にさせることで、さらにモチベーションが高まり、力を発揮します。

以上が、SL理論における4つのリーダーシップです。今の現状を常に意識し、どのリーダーシップが1番適応するかを考えながら、部下に接することが大切になってきます。

今日は、SL理論について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です