リレーションシップマーケティング

こんばんは。今日は、リレーションシップマーケティングについて書きたいと思います。

皆さんはリレーションシップマーケティングという言葉をご存知ですか??

この言葉は、最近になってよく使われるようになってきました。

リレーションシップマーケティングとは、自分たちの企業と顧客との関係を大切にし、継続的に取引してもらうことで、顧客から生涯にわたって得ることができる収益(生涯価値)を最大化しようとするマーケティングのことを示します。

リレーションシップマーケティングの例を挙げます。

①ポイントカード

まず、1つ目はポイントカードによってもたらされるリレーションシップマーケティングです。

現在、ポイントカードの制度を設けている企業や小売店は数多くあります。それらの企業がポイントカードに求める機能は2つです。

まず1つ目は、リピート来店促進機能です。ポイントカードを設けることで、毎回の買い物の際に、ポイントが貯まります。これは、顧客の再来店を促す機能があります。

2つ目は、ポイントカードによる、顧客情報の把握です。その顧客がいつ、何を、どれだけ、購入したのかをポイントカードを通じて把握することができます。これによって、それぞれの顧客に対して、独自のアプローチを行うことができます。

また、お買い得クーポンなども、顧客に合わせて出すことができ、顧客1人ひとりにカスタマイズされた最適なマーケティング活動を行うことができます。この2つ目の機能こそ、リレーションシップマーケティングの例になります。

②顧客にとってベストなサービス

2つ目は、顧客にとってのベストなサービスを提供することによって、もたらされるリレーションシップマーケティングです。

例えば、ホテルの例を挙げてみます。それぞれの顧客に好みの枕のタイプを事前にアンケートをとります。

そして、その顧客がチェックインする度に、事前に部屋にセットし、快適な睡眠を提供します。

これを永続的に行うことで、それぞれの顧客とwin-win関係を築くことができます。

これらが、リレーションシップマーケティングの例です。

それぞれの顧客に対し、それぞれのサービスを提供することによって、企業は顧客と永続的な関係を築くことができるのです。

今日は、リレーションシップマーケティングについて書きました。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です