強制選択法

こんばんは。今日は、強制選択法について書きたいと思います。

強制選択法とは、人材配置の時によく使われる手法です。

この手法は、ピーター・ドラッカーによって提唱されました。

ここからは、強制選択法による人材配置の方法について書きます。

まず、目標を達成するためにしなければならない仕事をリストアップします。そして、それらの仕事の重要度が高いものの順番にランクをつける作業を行います。

続いて、これと同じように組織のチームや人材もリストアップし、能力が高い順番にランクをつけます。

最後に、能力が高いチームや人材から順番に重要度が高い仕事に割り当てていきます。

これが強制選択法による人材配置です。

例を挙げると、以下のようになります。

企業の目標を達成するために、3つの仕事をしなければならないとします。

その3つの仕事は、A、B、Cです。仕事の重要度は、C、A、Bの順番になります。

一方、人材はD、E、Fの3人です。能力の高さとしては、E、F、Dの順番になります。

この場合、組み合わせは下のようになります。

仕事C→人材E

仕事A→人材F

仕事B→人材D

この組み合わせであとは、実行するのみになります。

重要度の高い仕事に資源を使い、重要度の低い仕事にはあまり資源を使わない。

これは、効率よく業績を上げるために必要不可欠です。どの仕事が最優先なのかをしっかり把握することが大事になります。

今日は、強制選択法について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です