インクリメンタルな増加

こんにちは。今日は、インクリメンタルな増加について書きたいと思います。

インクリメンタルな増加という言葉を聞いたことはありますか??

この言葉は普段中々耳にしない言葉ですね。

インクリメンタルな増加とは、既存の提供品に新しい便益を加える反復サイクルを使ったプロセスと定義されています。

何点か例を挙げます。

①自動車

まずは、自動車です。顧客は、市販自動車をまず購入します。そして、その自動車に追加機能を付けていきます。

例えば、車のホイルを変えたり、機能の良いスピーカーを搭載してみたり、あるいは車のシート変更やルームライトを変更してみたりします。

これらが、インクリメンタルな増加になります。つまり、市販自動車を購入し、その自動車に様々な機能を追加的に付けていくことがこのインクリメンタルな増加にあたります。

②パソコン

2つ目はパソコンです。顧客は市販のパソコンを購入し、追加的な機能を付けます。

例えば、マウスやキーボード、あるいは無線LANの機器などです。

このようなものもインクリメンタルな増加にあてはまると考えられます。

今日は、インクリメンタルな増加について、書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です