不満足の把握

こんばんは。今日は、不満足の把握について書きたいと思います。

不満足は、日常生活をする上で必ず発生してくるものです。しかしながら、人間誰でも不満足にはなりたくないです。できることなら、幸せな気持ちで日常を送りたいと皆さん考えられると思います。

しかし、ビジネスでは違います。

この「不満足」が最も大切になってきます。不満足が生まれると共に発生するものがあります。それがニーズです。

ビジネスで成功するには、とにかくこのニーズを把握することが大事です。

ニーズは、気付いたら発生しているものであり、ニーズが生まれてからビジネスを行っても遅い場合が多々あります。

では、どうしたらいいのでしょうか?

答えは、簡単です。「不満足」を把握することです。不満足を把握することで、自然とニーズが見えてきます。

不満足をしっかり把握し、ビジネス拡大につなげることが必要になってきます。

では、例を挙げます。
スマホを製造しているメーカーA社があります。A社が提供しているスマホは基本的な機能は充実しており、売上も好調です。

しかし、10人に2人くらいが同じような不満を販売スタッフに言いました。

「このスマホ使いやすいけど、重たいから手が疲れる」という不満です。

これを聞いた販売スタッフは、すぐに上司に報告しに行きました。

そして、2ケ月後、最軽量のスマホの開発に成功しました。この新製品を市場に導入したところ、爆発的な売上を記録しました。

特に、女性のお客様に人気であり、スマホメーカーA社の定番商品になりました。

以上が、不満足がビジネスに繋がった例です。

お客様の不満足をしっかりリサーチすることによってビジネスチャンスを獲得することができると私は思います。

今日は、不満足の把握について書きました。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です