7S

こんにちは。今日は、7Sについて書きたいと思います。

7Sは、組織を運営する上で必要になってくるものです。

この7Sは、ソフトである4Sとハードである3Sに分けることができます。

それぞれについて説明していきます。
まずは、ソフトの4Sです。

ソフトの4S
①Shared Value (共通の価値観や理念)
②Style(経営スタイル・社風)
③Staff(人材)
④Skill(能力)

次に、ハードの3Sです。

ハードの3S
①Strategy(戦略)
②Structure(組織の構造)
③System(システムや制度)

この7つをまとめて、7Sと呼ばれています。

ソフトの4つを変更する場合は、時間がかかります。例えば、働き方や価値観は、長く働いていると自然と身に付いてしまいます。それを変えるには時間がかかります。

また、その人の能力を急激に上げることも厳しいと考えられます。

よって、ソフトの4Sを変更することは容易ではありません。

一方、ハードの3Sを変更することは比較的容易です。

その理由としては、戦略や会社の組織を変更することは、強制的に行えるからです。
では、ハードの3Sは、何も考えずに変えてもいいのでしょうか??

結論から言いますと、ダメです。
組織の中で働くのは、ソフトの4Sの中の人材になります。人材が働くことができる範囲での組織の変更は良いと思いますが、無茶な組織変更は会社を苦しくします。

以上のことから、ソフトの4Sとハードの3Sのバランスをうまく保つことが必要不可欠です。
今日は、7Sについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です