360度評価

こんにちは。今日は、360度評価について書きたいと思います。

360度評価とは、人事考課における評価方法の1つです。これは、ある人物を評価する際に、360度あらゆる角度(上司や同僚あるいは部下など)から評価することを示します。

今までの人事考課の場合、直属の上司が部下を評価するのが一般的でした。

例えば、AさんとAさんの上司B係長がいたとします。このような環境の場合、Aさんを評価するのは、Aさんの直属の上司であるB係長になります。いくらAさんが同僚や部下から高い評価を得ていたとしても、Aさんの直属の上司であるB係長の評価が低い場合は、自ずとAさんの評価は低くなってしまいます。

これが、今までの基本的な評価方法です。
この評価方法の場合は、Aさんの評価結果が特定の評価者の価値観や先入観に影響される恐れがあります。

このようなことを回避するために、360度評価が多くの企業で導入されてきています。つまり、直属の上司のみの評価だけでなく、同僚や部下なども評価者に加えることで、360度評価(多面評価)を実現することができます。

360度評価を行なった場合、先ほどの例のような結果にはならないです。

つまり、直接の上司B係長の評価は低いかもしれませんが、同僚や部下の評価が高いので、結果としてAさんの評価結果は高くなることが予想されます。
現在、多くの企業で、この360度評価が導入されてきています。この評価方法を導入することでたくさんのメリットが生まれます。

考えられるメリットとしては、
①平等な評価
②適正な評価
③納得できる評価
などを得ることができます。

私は、この360度評価がもっと多くの企業に採用されるべきだと思います。

今日は、360度評価について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です