クリエイティブ戦略

こんにちは。今日は、クリエイティブ戦略について書きたいと思います。

クリエイティブ戦略は、広告戦略において使われる戦略です。

では、このクリエイティブ戦略とはどのようなことを示すのでしょうか?
クリエイティブ戦略とは、市場に最も伝えたい属性を選び出し、顧客の頭の中に浸透させる戦略のことを示します。

広告戦略は、クリエイティブ戦略とメディア戦略に分けることができます。

メディア戦略とは、伝える場やツールを確保することです。

一方、クリエイティブ戦略は、1番伝えたいことをわかりやすく伝えるためのメッセージ作りだと言えます。

例えば、テレビCMを想像してみてください。テレビCMの場合、宣伝を許される時間は15秒から30秒くらいになります。

その中で、1番伝えたいことをテレビの前の視聴者に伝えないといけません。

しかし、それは中々難しいです。
難しい理由は、3つあります。
①視聴者が、テレビに集中しているとは限らない。

まず、1つ目は、視聴者がテレビに集中しているとは限らないということです。テレビはつけているが、携帯を触っているかもしれません。または、来客と世間話をしているかもしれません。

そのような環境で、伝えたいことをしっかり視聴者に伝えることは難しいです。

②テレビから離れた場所にいる可能性

2つ目は、テレビから離れた場所にいる可能性があります。よって、例えば、綺麗な映像や文字を使用したとしても、視聴者は観ていない可能性があります。

③違うチャンネルを観ている可能性

3つ目は、違うチャンネルを観ている可能性です。この場合は、全くと言っていいほど、メッセージを伝える手段がありません。

以上の3つのことを考慮しながら、メッセージを作らないといけません。

15秒から30秒の間で、視聴者にメッセージを伝えるためには、最も伝えたいことを1つだけ選び、伝えることが大事です。

そして、文字や綺麗な映像だけで伝えるのではなく、必ず音を入れることも必要です。しかしながら、全く音がないCMを作ることで視聴者の興味を引くことは可能だと思います。

これらが、クリエイティブ戦略になります。つまり、伝えたいことをしっかり顧客に伝えるためには、どうしたらいいのか?どのような形で伝えるか?

これらを考えて、実践していくことがクリエイティブ戦略になります。

今日は、クリエイティブ戦略について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です