カッツの3能力

こんばんは。今日は、カッツの3能力について書きたいと思います。

カッツの3能力とは、ハーバード大学の教授であるロバート・カッツによって提唱されました。

カッツの3能力は、売場や職場を管理するマネージャーの能力として必要なものは主に3つあると言われています。

その3つとは、テクニカル・スキル、ヒューマン・スキル、コンセプチュアル・スキルです。

順番に説明していきます。

①テクニカル・スキル
まずは、テクニカル・スキルです。テクニカル・スキルとは、業務を遂行するために必要な能力や知識のことを示します。例えば、販売スタッフにとっての販売士の資格などがこれに当たります。

また、会計担当の者にとっては、経理や財務の知識などがこれにあたります。

②ヒューマン・スキル
2つ目は、ヒューマン・スキルです。ヒューマン・スキルとは、対人関係能力のことを表し、組織を運営し、協働する上で非常に重要になるスキルのことを示します。

具体的な内容としては、部下とのコミュニケーション能力やモチベーション能力、あるいは顧客などにおける交渉力などがヒューマンスキルの例として挙げることができます。

③コンセプチュアル・スキル
最後はコンセプチュアル・スキルです。この能力は概念化能力とも呼ばれることがあります。

この言葉の通り、物事を概念化して捉えることや物事を抽象的に考える能力がコンセプチュアル・スキルにあたります。つまり、目先の事ばかり見るのではなく、あくまでも全体を通して見るということです。
マネージャーの階層が上がるにつれて、コンセプチュアル・スキルとヒューマン・スキルの重要度が高まり、テクニカル・スキルの重要度が下がると言われています。

今日は、カッツの3能力について書きました。

ありがとうごさいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です