非言語型コミュニケーション

こんばんは。今日は、非言語型コミュニケーションについて書きたいと思います。

非言語型コミュニケーションとは、言葉の通り、言語以外からなるコミュニケーションのことを示します。

では、言語以外とはどのようなものがあるでしょうか?

具体的としては、表情やしぐさ、あるいは目線や姿勢、また声の大きさや高さ、そして話すスピードや抑揚、または、匂いなどを具体例としてあげることができます。

つまり、人間の5感に関係するものと捉えることができます。

この非言語型コミュニケーションに関連する法則があります。

それがメラビアンの法則です。メラビアンの法則とは、人間が初対面の人と会った時に、どのようなことがその人のイメージを決めるかを分析した法則となっています。

結果は次のようになっています。
55%が外見。
38%が声質や話し方、口調
7%が話の内容と言われています。

つまり、人間は、初対面の人を見た時の第1印象でその相手のことを判断しているということになります。

このことから、非言語型コミュニケーションはとても大事になってきます。

例を挙げます。

就職活動の面接の場合。

就職活動の面接において、この非言語型コミュニケーションは非常に役に立ちます。いかにして、面接官に良い印象を与えることができるかが勝負になります。

つまり、笑顔で大きい声でハキハキと話すということだけで他の就活生よりリードすることができます。

なぜなら、最初の第1印象でその就活生の印象が決まってしまうからです。
印象が決まってしまった後に、良い内容を話したとしても効果は薄いでしょう。

このように非言語型コミュニケーションをうまく利用することで、相手方と良い関係を築くことができます。

今日は、非言語型コミュニケーションについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です