イノベーションのジレンマ

こんにちは。今日は、イノベーションのジレンマについて書きたいと思います。この用語を聞いたことがある人は、多いのではないでしょうか?

イノベーションのジレンマとは、業界トップとして君臨している企業は顧客の意見や要望に耳を傾け、今よりもさらに高品質の製品やサービスを提供しようとします。その結果、イノベーションに対応できなくなり、失敗を招いてしまうといった考え方のことをイノベーションのジレンマといいます。

このイノベーションのジレンマは、ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセンによって提唱されました。

業界のトップに君臨している企業、いわば成功している企業がイノベーションのジレンマといった失敗に陥る理由はいくつかあります。

1つ目として挙げられる理由は、現状に対する満足と技術、性能の維持です。

業界のトップに君臨している企業は、その業界の中で1番であり、誰もがその企業の名前を知っているでしょう。また、業界のトップなので、市場シェア率もNO1です。

このような企業は、破滅的な技術や大きなリスクを伴うイノベーションに対する関心は薄いです。なぜなら、そのようなリスクを伴った事業や技術に挑戦しなくても、業界のトップだからです。

よって業界トップの企業が最も関心があることは、現状の技術や性能をさらに高めて、売上を上げ、現状を維持することです。

一方、業界シェア率が低い企業はどうでしょうか??
今まで通り、普通に事業を運営しているだけでは、業界シェア率をトップにすることはできません。

では、どうするでしょうか??
革新的な技術発明や開発に最も力を注ぎます。なぜなら、業界内でたくさんの企業が行っていることを真似しているだけでは、いつまで経ってもダメだからです。

そして、もしこの市場シェア率が低い企業のイノベーションが成功したとします。その時、業界トップに君臨している企業がそのイノベーションに対応できなくなることをイノベーションのジレンマといいます。

2つ目の理由として、成功している企業が投資する際に、破滅的な技術に関心を示さないということが挙げられます。

例えば、破滅的な技術の利益率が低い場合などは、既存の成功している技術に対してさらなる投資を行います。

以上の2つが、イノベーションのジレンマが起こってしまう理由として挙げることができます。

このようはイノベーションのジレンマに陥らないためには、業界トップの企業は、常に新しいものを考え、挑戦する姿勢を保ちながら、既存の仕事をしっかり行うということが求められます。

今日は、イノベーションのジレンマについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です