情報非対称ゲーム

こんにちは。今日は、情報非対称ゲームについて書きます。

情報非対称ゲームとは、交渉や商売を行う2人のプレーヤー間で情報量や知識に差があることを示します。

この情報非対称ゲームは、ビジネスにおけるほとんどの状況下で起こっています。

例を挙げます。

様々な中古品の販売を行っている小売店があったとします。この場合、この中古販売小売店の店主は、全ての商品の状態や品質を把握しています。

一方、この中古販売小売店に来店する顧客は、それぞれの商品の状態や品質までは把握できていません。

その結果、顧客と比較すると、中古販売小売店の店主の方が圧倒的に商品に関する知識や情報量を多く持っています。

このような状況を情報非対称ゲームといいます。これは、ビジネスのどこでも起こっています。

場合によっては、顧客が自分の利益を最大化しようと考え、結果的に商品の価値が低いものを選択してしまう可能性もあります。このような行動を逆選択といいます。

顧客と店頭スタッフの情報量を比べたとき、ほとんどの場合が店頭スタッフの方が商品について詳しいと考えられます。

顧客は、自分にとって利得があるような買い物をしたいと考えるのが普通です。この場合、店頭スタッフの話し方や説明をよく聞き、購買決定を行う必要があります。

今日は、情報非対称ゲームについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です