エンパワーメント

こんにちは。今日は、エンパワーメントについて書きたいと思います。

エンパワーメントは、リーダーシップを発揮する際によく使われる手法です。

では、エンパワーメントとは何でしょうか?

エンパワーメントとは、与えられた業務目標の達成を実現するために、組織の構成員に対して、彼らが自律的に行動する力を与えることを示します。

ビジネスのリーダーシップにおけるエンパワーメントの特徴は、自律性を促しながら、目標達成に向けて努力している組織の構成員を支援することです。

では、自律性を促すとはどういうことでしょうか??

自律性を促すということは、業務目標を経営者やマネージャーによって明確にしてもらい、その業務遂行の方法は、組織の構成員それぞれが自主的な判断のもと行うということです。

では、支援するとはどういうことでしょうか?

支援するとは、簡潔に言いますと、環境を整えるということを示します。つまり、具体的な指示を構成員に与えるのではなく、あくまで構成員自身に問題点や問題解決方法を見つけさせ、それらを実行しやすい環境を整えるということです。

これが、支援するということです。

この2つのバランスを上手く保つことがエンパワーメント・リーダーシップを発揮するために必要不可欠なことです。

一方、エンパワーメント・リーダーシップにはマイナス面もあります。

マイナス面としては、組織の構成員の統一性や一貫性がなくなる可能性があるということです。

つまり、組織の構成員それぞれが自主的かつ独自のやり方で問題を解決していくので、統一性がなくなるということです。

このようなことが起こらないようにするためには、ある程度の制御が必要になってきます。また、経営理念やビジョンの共有は必要不可欠になります。

今日は、エンパワーメントについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です