ボトルネック

こんにちは。今日は、ボトルネックについて書きたいと思います。

まず、ボトルネックという言葉ですが、これはペットボトルやビンの細くなっている部分を指します。

では、ビジネスにおけるボトルネックには、どのような意味があるのでしょうか?

ボトルネックとは、生産工程などにおいて、手間や時間がどうしてもかかってしまう箇所や、品質や効率が悪い箇所のことを示します。

これは、ボトルのネックの部分が急激に細くなっていることから、このように呼ばれています。

では、実際に例を挙げて説明します。

製造メーカーAは、靴を製造しています。靴の外側の製造は、海外の工場で行い、中敷は日本の工場で行っています。

中敷は、日本の工場で製造しているということもあり、製造スピードも早く、高品質です。

一方、靴の外側部分の製造は、海外の工場ということもあり、中々思い通りには進まないのが現状です。

この場合、ボトルネックは海外の工場になります。中敷は、高品質かつスピーディーに製造していますが、靴の外側部分の製造が非効率です。

では、靴の製造をスムーズにするには、どうしたらいいのでしょうか??

解決策はいくつかあります。
①全ての製造を日本の工場で行う
②海外の工場に、日本の製造チームを在籍 させることで管理体制を築く
③靴の中敷の製造を海外の工場で行い、靴の外側の製造を日本の工場が行う

以上のようなことが、解決策として上げることができます。

以上のように、ボトルネックは他の工程がどんなに効率的かつ高品質でも、全体の効率や品質を落としてしまう可能性があるので、マネジメントは極めて重要です。

しかしながら、ボトルネックを見つけることによって、企業の発展や躍進につながることが多々あります。

つまり、ウィークポイントを発見し、それを改善することによって、企業のウィークポイントを少なくするということです。

これによって、企業の生産活動の効率は上がると考えられます。

今日は、ボトルネックについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です