アライアンス

こんにちは。今日は、アライアンスについて書きたいと思います。

アライアンスとは、いくつかの企業が互いに経済的なメリットを得るために、緩やかな協力体制を構築することを指します。

アライアンスは、M&Aとは違います。M&Aは、複数の企業を1つの企業に統合することを表します。よって、統合するにあたり、資金や時間がかかるのが普通です。

一方、アライアンスは企業を1つに統合しません。よって、資金や時間をそれほど消費することなく、比較的容易に進めることができます。その上、もし、成功しなかった場合の対処も比較的容易にできます。

しかしながら、アライアンス締結後は、各企業に委ねられるので、コントロールすることが難しいという問題もあります。

企業は、有限である資源を最大限に活用し、企業の価値を上げていくことが求められます。企業の価値を上げるということは、売上を上げるということだけでなく、社会に貢献する企業になるということを表します。

そのためには、異なった業界や分野の強者である複数の企業と戦略的提携を結び、弱点を補完しながら成長していくことも求められるかもしれません。

お互いの企業の独自性を維持しながら、現状をさらに良くすることがアライアンスによって可能になるかもしれません。

現在では、株式交換などがたくさんの業界で活発になりつつあるので、多くの業界でアライアンスが展開されています。

今日は、アライアンスについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です