インフォーマル組織

こんにちは。今日は、インフォーマル組織について書きたいと思います。

インフォーマル組織という言葉はご存知でしょうか?
インフォーマル組織とは、組織内における人間関係などによって発生したり、生まれたりする非公式な組織の事を示します。

一方で、フォーマル組織とは様々な目的を効率よく達成するために、意図的に管理者によって作り上げられた組織です。つまり、組織図によって表すことができます。

インフォーマル組織は、フォーマル組織と異なり、自然的に発生した組織であると言えることができます。

では、インフォーマル組織の例を挙げてみたいと思います。

学校を想像してみて下さい。みなさんは、小、中、高と学校に通われていた方が多いと思います。

私は、学校行事の中で楽しみにしていたものがあります。それは、クラス変えです。皆さんの中にも、クラス変えを楽しみにされていた方は多いのではないでしょうか?

この場合、新しいクラスがフォーマル組織と言えることができます。

ては、この場合のインフォーマル組織とはどうなるでしょうか??

答えは、廊下に集まっている集団です。これが、インフォーマル組織にあたります。フォーマル組織である、各クラスにこの集団のメンバーはそれぞれ所属していますが、仲良くなり、休み時間に廊下に集まって楽しく話をしているのです。

よって、学校におけるインフォーマル組織は、休み時間に廊下で集まって楽しく話をしている集団になります。

そして、これらのインフォーマル組織は、フォーマル組織においてプラス面やマイナス面を与えます。

プラス面としては、例えば、インフォーマル組織のメンバーが、部活の練習を頑張っているとすると、私たちも頑張ろうと思い、部活といったフォーマル組織が活性化します。

一方、マイナス面としては、授業中にインフォーマル組織のメンバーが、LINEでやりとりをしたり、授業を抜け出したりすることによって、フォーマル組織であるクラスの雰囲気を悪くする可能性があります。
つまり、インフォーマル組織は、組織においてプラス面やマイナス面をもたらすということになります。

今日は、インフォーマル組織について書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です