ブレーン・ストーミング

こんにちは。今日は、ブレーン・ストーミングについて書きたいと思います。

この用語を聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか?

ブレーン・ストーミングとは、様々なアイデアを生み出すために、ある一定時間を設け、その時間の中で考えていることを自由に提案する意思決定方法です。意見を出しやすい雰囲気を作るためにも意見に対する批判は控えることが大事になってきます。

では、ブレーン・ストーミングの例を挙げたいと思います。

創業80周年の靴下メーカーがあります。靴下業界では知らない人がいないくらいの知名度が高い企業です。

売上も順調に推移しており、現時点では欠点が少なく感じられます。

しかし、この靴下メーカーのA社長は、今の状況に満足せず、50年後に利益を出す事ができるような企業体制を整えたいと考えています。

そこで、急遽ミーティングを開くことにしました。

ミーティング内容は、『今後自社が生き残っていくために行わなければいけないこと』です。

時間は、3時間与えました。
自由に発言してもらうために、批判は一切なしというルールの下で行いました。

その結果、様々な意見が出てきました。

・直営小売店を展開するべき
・工場を海外に移し、原価を下げることで利益拡大を目指す
・アイテム数を増やし、広く浅く売る
・多角化に取り組むべき
・靴の製造も行い、靴下と一緒に提案する
・オーダーメイドを頻繁に行う
・海外に店舗を構えるべき
・SNSを利用する
・異業界に進出し、リスクヘッジを行う

などの意見がたくさん出ました。
これらの意見を参考にし、この靴下メーカーは、直営小売店を展開すると同時に海外に店舗を置くことにしました。

これがブレーン・ストーミングです。
つまり、様々なアイデアを自由に出してもらい、その中で1番可能性が高いものにチャレンジしていくということです。

このブレーン・ストーミングによって、今後の企業にプラスになるようなアイデアが出てくることは多々あります。

今日は、ブレーン・ストーミングについて書きました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です